2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2005年01月22日(土)

2005.1.22

昨日、代替え分の苺が届きました。

さすがに今度の苺は完璧に梱包されていて
再び返品ということにはならずに済みました。
高い苺を買うんですもの。
それが当然っちゃ当然なわけで。

赤くて丸くて可愛らしい苺が15個並んでました。
そして生産者の方からの手紙が添えられていました。
「お詫びの手紙なんだろうな…」と思いつつ読んで
最後は苦笑いです( ̄▽ ̄;

最初に苺が傷んだことのお詫びが丁寧に書かれてあり
そして苺の説明が…。

「お口に合う苺かどうかわかりませんが
味はほとんどない苺ですので心配であります。(…え?
育種者が無農薬で栽培できる品種作りを目指した品種なのです。
味は二の次になっています。(…へ?
私自身も、農薬を嫌う人たち、アトピーに子供を持つ母たちの
願いも入れて、味にこだわらない安心な苺と思って
この品種を初めて栽培したから味には未知数でした。(…あの
実がなってみて初めて口にして味が分ったことは
うまくないです。
桃李様の美味数からしますと最下位だと思います。
(中略)
味を尋ねての旅はとても羨ましいです。(伝わってるのね…
苺をありがとうございました。」

こんだけすったもんだしたあげくに、このオチとは
もう笑うしかないじゃないですか…。
正直に「うまくない」と書いてくれた誠意はわかりますが
敢えて厳しいことを言わせてもらうと
どんな味かもわからない苺を販売するのもどうかと…。
他にも沢山の品種を作っている苺農家さんのようですから
もっと自信ある品種を出せばいいのに…と。

これは私的な見解ですが。
まだ試作状態で味も未知なる苺を「珍しい=売れる」という理由で
商魂たくましい業者が販売に踏み切ったのではないかと。
正直者の苺農家さんと、タメ口で謝罪すらない業者。
しかも苺農家さんですら、食べて初めて不味いと知った苺なのに
楽○ショップでは、さも美味しい苺のように
宣伝しまくってるし(--;

これはもう業者が悪役だろ…。
あの横着な社員の態度なら、そう考えたくもなるわけです。
本当のとこはどうだか知りませんが。

正直者の苺農家さんのために、付け加えるとするならば
もっとひどい苺もありました。
そう言ってあげたいですけど。

14:24  |   呆 ┐( ̄ヘ ̄)┌   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://erdbeere.blog13.fc2.com/tb.php/55-eb6c0b35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。