2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2005年03月03日(木)

2005.3.3

どうしても食べてみたい苺がありました。
あれこれ検索して、やっとの思いで突き止めた苺栽培農家さん。
この時期は忙しいので、電話は避けて、なるべくメールや
サイトの掲示板で尋ねることのほうが多いのですが
電話番号しか載ってなかったので、かけてみました。

しばし苺の話に花が咲いたあと(苺だけに白い花?・笑)
「あまおうって美味しいと思いますか?」と聞かれました。
何かと話題のあまおうは県の門外不出(今のところ)品種です。
はっきり言っていいものかしら…?と一瞬考えました。
だって栽培してたら悪いじゃないですか。
でも、嘘をつくのはためらわれたので
「栽培しておられたら申し訳ないのですが…」と前置きして
「インパクトはありますが、味の完成度やバランスは
さちのかの方が美味しいと思います」と答えました。

私がまだ美味しいあまおうに当たってないのもあるのでしょうが
普段ぱくぱく食べるなら、さちのかを選びます。
安いのを買っても「うわ、美味しくない」というのに
当たったことがありませんから。
それだけ味が安定しているということでしょ?

苺には「美味しい旬」があります。
一番果と二番果で味は違うし、天候や栽培状況でも変わります。
でも、どんなにインパクトがあっても、話題になっても
安定した味じゃないといけないと思うんです。

「ですよねー?だからうち、あまおう作ってないんです」と
その栽培農家さんはおっしゃいました。
県内では、あまおうに移行する栽培農家が多いのにね。
夫婦2人だけでやっていて、「売れるものより美味しいものを」と
オリジナルの品種まで作っちゃったなんてすごいです。
そこには愛があります、愛が!

インパクトのある苺は見た目では勝ります。
消費者は小粒で不揃いの苺より、そっちに手を出しますから。
見た目もよくて、栽培が楽で、遠距離輸送にも耐えられる品種なら
商売としては成り立つと思います。
いや、成り立たせなきゃ生活できませんもの。

消費者だって、いろんな苺を食べられるからありがたいけど
新しい品種を開発する人は、そこに「愛」と「美味しい」も
ちゃーんと加えてくれないとね。

かくて、るくて、おきくて、まい苺。
私的には、最後の1つはまだ完成されてないと思うんだけどな。
決して、美味しくない苺じゃないんです。
ただインパクトだけじゃ、いつか他の苺に
追いつき追い越されて飽きられます。

頑張れ、福岡県。

02:37  |   他 (’’*)   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://erdbeere.blog13.fc2.com/tb.php/42-258b0cff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。