2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2017年01月28日(土)

岐阜のいちご


数年前に「濃姫」を食べて以来、岐阜のいちごとは縁がありませんでしたが
いちごりあん復活で、「美濃娘」「華かがり」と立て続けに食べました。

最近は各地でオリジナルのいちごが増え
栃木vs福岡の東西いちご戦争ならぬ、全国入り乱れてのいちご戦国時代に突入!?
な~んてことになれば、いちご好きとしては嬉しいところです。

さて、タイトルの岐阜のいちごですが。
3種食べてみて、はずれがありません。
レベル高いものが多いです。
(お値段がお値段ですから、スーパーで買うものと同じ品質ではないと信じたい…笑)
しっかりとした味、酸味、なかなかのものです。


濃姫さん。
元データが飛んでしまい、小さい画像を拡大したので画質悪くてすみません。

濃姫


美濃娘さん。

美濃娘1


華かがりさん。

華かがり1


濃姫と美濃娘の命名については言わずもがな。
濃姫は美濃国の武将、斎藤道三の娘にして織田信長の正室です。
美濃娘はそのまま、岐阜=美濃国ですね。

そしてデビューしたばかりの華かがり。
岐阜のシンボル金華山の「華」+長良川の鵜飼いの「かがり火」=華かがりです。

華かがり箱

今、一番力を入れているいちごだけに、箱もオリジナルです。
ライトアップされた金華山(稲葉山)にそびえ立つ岐阜城と鵜飼い。
とても綺麗な箱でした。
戦国好きな私には「おおおおおっ!」となってしまう箱です(笑)


で。
この3つのいちごにある共通点、わかるでしょうか?
1粒1粒に丁寧にピンクの薄い和紙(のような?)紙が敷いてあるのです。

これは岐阜クオリティでしょうか?


岐阜県オリジナル品種の濃姫デビュー以来、着々と天下取りに参戦しているいちごたち。
どの国が天下を取るのか、楽しみないちごりあんの私です。


詳細は本館「いちごりあん」から、「たべくらべ」へどうぞ。→こちら

13:51  |   食 ( *^0^)q   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://erdbeere.blog13.fc2.com/tb.php/327-b1487bea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。