2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2005年03月16日(水)

2005.3.16

ひょんなことから苺の品種当てをすることになりました。

とある苺を注文したときの話です。
注文した2種類のうち、1種類はどう見てもあの苺。
「これって見た目は○○みたいなんですけどぉ」と
お尋ねしてみました。
どちらも既存の品種らしいです。
栽培者のこだわり農法や特別な飼育法で
オリジナル苺として別の名前で販売してるのだとか。
そういうの、ありなんですねぇ。
「私も食べてみましたけど、同じ品種と思えないほど美味しいですよ」と言われたので、どっちも注文してみることにしました。

「で、もう1つの方の品種は何ですか?」と再びお尋ねすると
担当のおねぃさんは言いました。
「生産者から苺の品種は公開しないよう言われてますので」と。
「はい、そうですか」と引き下がっちゃ話になりません。
巧みな話術(嘘です)で、おねぃさんを桃李ワールドに引き込もうと試みましたが、おねぃさんはさすがにガードが固かったです(笑)
しばしの攻防(嘘)が繰り広げられたあと
おねぃさんは言いました。
「では、こうしましょう。もう1つの苺、当ててみて下さい」。

え"え"ーーーー(゚ロ゚ノ)ノ

「試すわけではないんです。申し訳ありません。
これは “お遊び” ということで
大目に見てはいただけないでしょうか?
いろんな苺を食べてらっしゃるなら、きっとわかると思います。
その苺を食べてみて、また御連絡いただけたら
その時に苺の品種はお教えしますので」
…それって思いっきり試されてるんじゃ?

そりゃさ、いろんな苺を食べてはきましたよ。
けど、よく食べてる苺とか、ももいちごのような特徴ある味なら
何とか当てられるかも知れないけど
んなの自信ないに決まってるぢゃないですか( ̄▽ ̄;
しかも「同じ品種とは思えないくらい」なら尚更に。

おねぃさんのほうが一枚上手でしたね。ちっ★

これで当たらなきゃ、恥さらしもいいとこです。
こうなりゃ「いちごりあん」の名にかけて
ずぇっったい当てねばなりません。

当たらなかったら、これこっそり消しとこ…_ロヽ(・・〃)m

17:37  |   他 (’’*)   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://erdbeere.blog13.fc2.com/tb.php/31-4617955a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。