2005年01月/ 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2005年01月31日(月)

2005.1.31

1/12の苺が今日届きました。
「留守にする前に届いてよかった♪」と嬉しさもひとしおです(笑)
まず箱を開けて中をチェック。
前回のような悲惨な苺だと泣きたくなるじゃないですか(^^;

チェックが終わり、最初の1粒を口にほおばる瞬間のドキドキ感は
何度やっても新鮮でたまりません。
その瞬間の第一印象、これ大事ですo( ̄^ ̄)o
これが後々「たべくらべ」にも載ることになるのですから。

なのでまずは色のいい苺をチョイスします。
それから少し時間をおいて、2粒…3粒と食べながら
第一印象の味との違いや、他の特徴なんかを探し
苺のデータを整理して「たべくらべ」に掲載します。
毎回、こんな感じでテイスティングしています。

今日の苺の第一印象は
「あ、うまいな。何かさちのかに似てるかも」でした。
後でデータ整理しながら交配親を見て「ををを!」と。
何と!さちのかと同じ交配親です!
その瞬間「私の舌って…天才?」と思いましたよ(笑)
あれこれ食べていると、だんだん自分の舌が肥えてきて
評価が厳しくなってきてるんじゃないか…とか
逆に舌が慣れてきて、少しくらいの美味しさじゃ
もう満足しなくなってるんじゃないか…とか
そういうことを考えちゃうわけですよ。
けど、同親のさちのかに似てると思ったってことは
私の舌は正しく味を判断してるってことでは?

なーーんて(^^;
同じ親でも、味が全然違う苺もあるくらいだから
一概にそうとは言い切れませんね(笑)

と、ここまでに24種類の苺を食べまくってきたわけですが
全部並べられて、どれがどれか当てろなんて言われたら
絶対に当てられない自信があります(T▽T)
たった一度きりしか食べてない苺も多いですし。
それに生産者さんの栽培環境とか、一番果・二番果とか
価格なんかで「同じ苺でもこんなに違うの?」ってくらい
味が変わってくるんです、苺って。

とよのか・さちのか・ももいちごくらいなら
当てられるかも知れません(笑)


さて。
旅行から帰るまで、しばらく苺はおあずけです。
サミシイよぅ…(T-T)

スポンサーサイト
14:03  |   他 (’’*)   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005年01月30日(日)

2005.1.30

は大好きですが
苺味はそんなに好きじゃありません。
香料が強すぎて苺の味が嘘っぽくなるからです。
だから、苺アイスとか苺キャンディのようなものは
あまりすすんで買うことがありません。

近くの大型スーパーで「苺フェアー」と銘打って
苺味の季節限定菓子のコーナーができていました。
苺パイだ、苺チョコだ、苺クリームサンドビスケットだと
いろんな商品が所狭しと並び、赤とピンクのオンパレードです。
限定ものに弱い私は、その言葉につられて
つい買ってしまいました(笑)



苺+練乳は(私的には)最高の相性ですし
ミルキー自体が好きなので、これなら無難な味に違いないと(笑)

チョコのほうは、ネタ的に楽しめる程度でしたが
ミルキーのほうは、なかなか美味しかったです♪

一度でいいですけれどね(^^;

14:15  |   楽 (*^-^*)   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005年01月25日(火)

2005.1.25

ネットで買う苺はだいたい、12~15個入りで
3,000~5,000円くらいです。
1粒200円とか300円の計算になります。

スーパーで苺を買うとき、680円ってのを見て
「うわっ!何これ!?高っっ!!こっちの安いほう買お」と
つい480円の方に手を伸ばしてしまいます。

この金銭感覚はナニ!?

14:21  |   他 (’’*)   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005年01月22日(土)

2005.1.22

昨日、代替え分の苺が届きました。

さすがに今度の苺は完璧に梱包されていて
再び返品ということにはならずに済みました。
高い苺を買うんですもの。
それが当然っちゃ当然なわけで。

赤くて丸くて可愛らしい苺が15個並んでました。
そして生産者の方からの手紙が添えられていました。
「お詫びの手紙なんだろうな…」と思いつつ読んで
最後は苦笑いです( ̄▽ ̄;

最初に苺が傷んだことのお詫びが丁寧に書かれてあり
そして苺の説明が…。

「お口に合う苺かどうかわかりませんが
味はほとんどない苺ですので心配であります。(…え?
育種者が無農薬で栽培できる品種作りを目指した品種なのです。
味は二の次になっています。(…へ?
私自身も、農薬を嫌う人たち、アトピーに子供を持つ母たちの
願いも入れて、味にこだわらない安心な苺と思って
この品種を初めて栽培したから味には未知数でした。(…あの
実がなってみて初めて口にして味が分ったことは
うまくないです。
桃李様の美味数からしますと最下位だと思います。
(中略)
味を尋ねての旅はとても羨ましいです。(伝わってるのね…
苺をありがとうございました。」

こんだけすったもんだしたあげくに、このオチとは
もう笑うしかないじゃないですか…。
正直に「うまくない」と書いてくれた誠意はわかりますが
敢えて厳しいことを言わせてもらうと
どんな味かもわからない苺を販売するのもどうかと…。
他にも沢山の品種を作っている苺農家さんのようですから
もっと自信ある品種を出せばいいのに…と。

これは私的な見解ですが。
まだ試作状態で味も未知なる苺を「珍しい=売れる」という理由で
商魂たくましい業者が販売に踏み切ったのではないかと。
正直者の苺農家さんと、タメ口で謝罪すらない業者。
しかも苺農家さんですら、食べて初めて不味いと知った苺なのに
楽○ショップでは、さも美味しい苺のように
宣伝しまくってるし(--;

これはもう業者が悪役だろ…。
あの横着な社員の態度なら、そう考えたくもなるわけです。
本当のとこはどうだか知りませんが。

正直者の苺農家さんのために、付け加えるとするならば
もっとひどい苺もありました。
そう言ってあげたいですけど。

14:24  |   呆 ┐( ̄ヘ ̄)┌   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005年01月12日(水)

2005.1.12

昨日の夕方、注文した苺のショップから電話がありました。

「苺の発育が遅れているので、すぐに発送は無理」とのことで。
発送は1月末から2月上旬になるらしく
「いかが致しましょうか」という内容でした。
「2月4日~半ば頃まで留守にするかも知れません」と伝えたら
「では、月末までにお届けできなければ
またお電話差し上げます」と、説明&お詫びとともに
とても丁寧に応対していただきました。

一番果(最初にできる苺)の中でも
とりわけ厳選したものを発送しているらしく
タイミングが合わなければ
予約取り消しということにもなりそうです。

北海道行きがキャンセルになれば
食べられる可能性も高くなるわけですが…。
微妙です…( ̄▽ ̄;

14:55  |   他 (’’*)   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。