2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2017年01月28日(土)

岐阜のいちご


数年前に「濃姫」を食べて以来、岐阜のいちごとは縁がありませんでしたが
いちごりあん復活で、「美濃娘」「華かがり」と立て続けに食べました。

最近は各地でオリジナルのいちごが増え
栃木vs福岡の東西いちご戦争ならぬ、全国入り乱れてのいちご戦国時代に突入!?
な~んてことになれば、いちご好きとしては嬉しいところです。

さて、タイトルの岐阜のいちごですが。
3種食べてみて、はずれがありません。
レベル高いものが多いです。
(お値段がお値段ですから、スーパーで買うものと同じ品質ではないと信じたい…笑)
しっかりとした味、酸味、なかなかのものです。


濃姫さん。
元データが飛んでしまい、小さい画像を拡大したので画質悪くてすみません。

濃姫


美濃娘さん。

美濃娘1


華かがりさん。

華かがり1


濃姫と美濃娘の命名については言わずもがな。
濃姫は美濃国の武将、斎藤道三の娘にして織田信長の正室です。
美濃娘はそのまま、岐阜=美濃国ですね。

そしてデビューしたばかりの華かがり。
岐阜のシンボル金華山の「華」+長良川の鵜飼いの「かがり火」=華かがりです。

華かがり箱

今、一番力を入れているいちごだけに、箱もオリジナルです。
ライトアップされた金華山(稲葉山)にそびえ立つ岐阜城と鵜飼い。
とても綺麗な箱でした。
戦国好きな私には「おおおおおっ!」となってしまう箱です(笑)


で。
この3つのいちごにある共通点、わかるでしょうか?
1粒1粒に丁寧にピンクの薄い和紙(のような?)紙が敷いてあるのです。

これは岐阜クオリティでしょうか?


岐阜県オリジナル品種の濃姫デビュー以来、着々と天下取りに参戦しているいちごたち。
どの国が天下を取るのか、楽しみないちごりあんの私です。


詳細は本館「いちごりあん」から、「たべくらべ」へどうぞ。→こちら

スポンサーサイト
13:51  |   食 ( *^0^)q   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016年04月26日(火)

藤代さんのいちご園


20日から千葉に来ています。

今シーズン食べそびれた藤代さんのいちごを食べに行って来ました。
ふさのかです、ふさのか。
私の大好きな千葉でしか栽培されてないいちごです。


いちごもオフ間近。
味が乗ってなかろうが摘み残しだろうが
とにかくどんなふさのかでもいいから食べたいと
九十九里まで従妹の菻ママと行きました。

時期が時期だけに
シーズン真っ最中のようなたわわに実るいちごではなかったものの
やはり藤代さんのいちごはレベル高いです。

20160426134940540.jpg


気温が上がっていて
ハウスのいちごが温かくなっているからと
わざわざ冷やして下さってました。

ハウスでいちご狩りをし
その後、いろんなお話を伺いつつ
冷やしたいちごもしっかりいただきました(笑)

20160426134957f05.jpg

来シーズンは絶対にノリノリの時期をのがしません!と
藤代さんに宣言?していちご狩りは終了。

帰りに近くにあるハーブガーデンで
ランチ&デザートタイム。
ここでも藤代さんのいちごを使ったタルトを食べ
楽しいいちごデーを過ごしました。

20160426135010627.jpg


藤代さんのいちご園はこちら→藤代いちご園


ふさのかを〆に私のいちごシーズンは終了です。
いちごりあんも来シーズンまで休眠します。

14:44  |   食 ( *^0^)q   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010年01月14日(木)

キットカット

 

あけましておめでとうございます。←遅っ


苺のシーズン真っ盛りです。
地元に出回る苺は「あまおう」「とよのか」「紅ほっぺ」「佐賀ほのか」「さちのか」くらいでしょうか。

お取り寄せはまだしてませんが、食べてますよー、今年も♪


こんなのも↓。

20100111211648


スパークしませんでしたが(笑)


パソコンも新しくなったし、落ち着いたらまた皆様のところへお邪魔しますね。

今年もよろしくお願いします。


20:27  |   食 ( *^0^)q   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009年12月05日(土)

うわぁ…


放置プレイ続行中の桃李でございます…。


HP更新はしなくても、ブログ放置にしていても、元気です。



庭のパクちゃんたちは、相変わらず逞しく育ってますが、まったく構ってやれなかった分のツケはしっかり回ってきそうです。



いよいよ本格的に苺のシーズン到来です。

でも活動は消極的になりそうです…あへ。


今シーズン初の苺は「さちのか」でした。

20091205221930


やっぱり好きだな…この子。

22:17  |   食 ( *^0^)q   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009年02月23日(月)

「ふさのか」食べたーい


ああ、ふさのかが食べたいっ!!

千葉へ来たら、やっぱり「ふさのか」を食べなくっては♪
毎年のお楽しみですから。

でもでもぉ。
この忙しい時期に、思い立った当日の予約なんてできるわけないですよね。
それでも「ダメ元」で従妹の菻ママが何軒もアタックしてくれました。

「ふさのかはないです!」
「休み明けだから苺がない」
何だか泣きたくなるほど冷たく電話を切り続けられ、やっぱり無理かと諦めかけていたところでした。

菻ママ、とうとう最後の手段(?)に出ました。
「あの、ふさのかありますか?
従姉が九州からわざわざ来たんでぇ…ぜひ食べさせてあげたいんですけどぉ…」

お忙しい中、快くお受け下さったのが「藤代いちご園」さんでした。


実は既に成東方面へ向かって車を走らせてました。
「一軒くらい何とかなる…はず…たぶん…」と(^^;
ナビの目的地を変更し、藤代いちご園さんへ向かいました。
(途中で迷子になったんですけどね・笑)


DSC_0078.jpg

DSC_0079.jpg

藤代いちご園さんは大きないちご園さんではありませんが、園主の藤代さんはとても気さくな方で、苺狩り予定時間の30分を超えても色々とお話をし、勉強させていただきました。

最初は私がふさのかを食べるためだけにわざわざ九州から来たのだと思われたようで「何者?!」と思われていたのだそうです(^^;


藤代さんの苺にかける情熱、愛情、こだわり…。
色々なお話が聞け、私もいいお勉強になりました。

栽培法、肥料、水、環境、害虫や病害対策…。
方法は違いますし、どれが正しいといった答えの出ないものです。
ですが、どこの苺園さんも本当に苺を愛してらっしゃいます。

「美味しい苺を提供したい」

藤代さんの苺もそんな思いの伝わる苺でした。


20090220134214


桜香の花。
ピンク色の可愛い花で、淡い紅色の実がつきます。
藤代さんのお話を伺っている間に、大きな実は菻ママが根こそぎ(と言っても過言でないくらい・笑)食べてしまってました。
仕方なく、ちっちゃいのをいただきました。

(覚えてろよ…菻ママめ)


20090220134210


紅ほっぺ。
口に含んだらとてもいい香りがし、口いっぱいに香りと甘さが広がります。


他のお客さんがいらっしゃらなかったため、貸切状態で苺狩りをさせていただきました。

藤代さんの苺は「浜いちご」と呼ばれています。
九十九里浜の自然と海の恩恵を肥料にいただき、大事に育てられている苺たちです。

その浜いちごを使ったお菓子も千葉県内のお土産屋さんなどで売られています。

20090220134216


ふさのかを使用したお菓子。
なんと贅沢な…。
あの、ふさのかをお菓子にするなんて…羨ましいったら。

お腹いっぱい苺を堪能し、いろんなお話をさせていただき、直売所へ向かいました。
直売所では、明るくて笑顔の素敵な奥様とお会いでき、お持ち帰り用の苺を購入しました。


20090220134217


実はこれとは別に、御厚意でふさのかもいただきました。
(御厚意と言うよりは、わがままなお願いを聞き届けていただいた…に近いかも)

帰りの車中で1つ減り、2つ減り…。
帰り着いた時には写メ撮るのが恥ずかしい状態に…(笑)

仕方ないです。
ふさのかなんですもの。
年に一度、千葉へ来た時にしか食べられない苺なんですもの。
来年の今頃、千葉にいるかどうかもわかりませんから、食べられる時に食べておかなくてはです。


ふさのかをはじめ、美味しい苺を本当にありがとうございました。
ご馳走さまでした♪


※藤代いちご園さんでは、「ふさのか」の他に「あきひめ」「紅ほっぺ」「とちおとめ」「桜香」を栽培されています。
(来シーズンは違う品種が増えている…かも…?)


食べることに夢中で、気がつけば肝心のふさのかの写真が一枚もないということに帰ってから気付きました。
すいませ~~~~~ん!!!


藤代いちご園さん→ここ




14:09  |   食 ( *^0^)q   |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008年05月26日(月)

貧相な収穫祭


昨日は8粒を収穫しました。



ナメやんに2粒やられたので、本当は10粒のはずだったんですが…。
たぶん、これが今期最大の収穫数になると思われます(笑)

上の5粒がパクちゃん。
下の3粒がフラちゃんです。


今期のパクちゃんは甘い…。
ハズレなしなのは、なぜ?

フラちゃんは期待を裏切らず、酸っぱかったです(^^;


まだいくつか実が残っていますが、パクちゃんには大粒がもう残ってません。
フラちゃんにはいくつかありますが、酸っぱいしね(--;


来シーズン、どうするかなぁ…。


01:09  |   食 ( *^0^)q   |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008年05月20日(火)

やっぱりね(--;


プランター植えのパクちゃんです。



日曜日に2度目の収穫(2粒・笑)をし、今朝は3度目の収穫(1粒)をしました。
苺ってタフだね…( ̄▽ ̄;
なぁーんも手入れしなくて放置してても、それなりに甘くなるようです。

日曜のは甥と姪が食べましたが
「スーパーで買うみたいに甘かったよ。でもちっちゃいけどね」
だそうです。
今朝の1粒も○でした。



フラちゃんも粒がやや大きくなり、赤みを帯びてきつつあります。



過去の経験から、フラちゃんに「美味しさ」はあまり期待できません(笑)
これでもし甘かったら、来年も手抜きで育てますっ。



そして。
地植えのパクちゃんですが。



一昨日から昨日にかけての雨でやられました(--;
ナメやんの仕業です。
いつの間にか大きな粒になってたのに…。

しかも真っ赤に熟れた側じゃなく、まだ熟れきってない裏側を食べるとは悪食な…。


目指せ1パック分!
さて、目標は達成できるのでしょうか?(笑)

09:56  |   食 ( *^0^)q   |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2008年03月10日(月)

前田さんの苺館


2月21日。
HP開設当初からお世話になっている、山梨の「グルメ苺館 前田」さん。
その前田館長さんのところへ苺狩りにお邪魔してきました。
今回は叔母、運転手代わりの従兄、菻ママ、甲斐軍団の風吹と菻花がお供?です。

館長さんは「いちごりあんず」の顧問も快くお引き受け下さった方で、「通販だけではなく、いつか必ず苺狩りに…」という念願を果たしてきました。

あの「ももいちご」と呼ばれる「あかねっ娘」
そして今回初めていただく「かなみ姫」
アイスにジェラート、そしてチョコレートフォンデュ。
本館「たべくらべ」の撮影用に「Myお皿」持参で行ってきました(笑)

うはっ、わくわく♪


千葉から山梨まで車で走ること数時間。
甲府南インターを降りて、迷子になること数十分(笑)
念願の館長さんの苺館に到着しました。




富士山はアクアラインからのほうが全景を楽しめたのねん…( ̄▽ ̄;



ここの苺ハウスは、他の苺ハウスとは違ってでっかいです。



品種ごとにハウスがあるのではなく、1つのハウスの中に全部の品種が栽培されていて、順番に各品種を堪能できるというシステムになっています。

このシステムは苺狩りする側にとっては嬉しいのですが、栽培する側にとっては「病気にやられると全品種が全滅しかねない」という大きなリスクを背負ってます。
うーーーん…難しい。

ハウスの中はロープで仕切られていて、プライベートエリア制(要予約)になっています。
時間も無制限。
他の人に食べ尽くされて悲しい思いをすることもなく、自分だけのエリアで好きなだけ苺を食べられるって幸せ♪
苺狩りに行ったら、苺がなかった…なんてこと、あるものね。





いきなり巨大な「章姫」
私は酸味の少ない苺よりも、酸味・甘みともにある苺が好みなのですが…。
ここの章姫はうまかった…(゚▽゚*)。・:*:




この子は何だったっけ?(笑)

もうね、館長さんとお話ししつつ、写真撮りつつ、苺食べつつ…なので、たまーに整理の途中でわからなくなる写真がいっぱい( ̄▽ ̄;




そして…あかねっ娘!
ももいちごです、ももいちご!!!

もう、たまらなく好きだけれど高くて手が出せない高級苺です。

知らない方のために…。

実は「あかねっ娘=ももいちご」なんです。
元々、農水省に登録されている品種名が「あかねっ娘」。
その「あかねっ娘」をブランド化したものが「ももいちご」。
大阪中央青果市場とJA徳島市佐那河内支所が、1992年に栽培法と糖度や大きさなどの出荷規格を統一し、「ももいちご」の名前で商標登録したもので、この名前で出荷できるのは佐那河内の契約農家だけという幻の苺です。

そんな苺を好きなだけ食べられるなんて。
買ったら一体いくらするか…。(←セコい・笑)


館長さん、お忙しいのにわざわざ私のためにマンツーマンでご説明やお話をして下さって。
本当に申し訳ないくらい「館長さんを独り占め」させていただきました(*^-^*)
(いゃ、正確には連れもいたので「独り占め」ではないな…笑)

8種類の苺を堪能し、デザートの時間です♪
はい、デザートは別腹です(笑)



ハウスの真ん中に広めのスペースがあって、この時は桃の花が満開でした。
今頃はニオイバンマツリに代わっていることでしょう。

このスペースで休憩しながら、館長さんのお話を伺い、アイスやジェラート、チョコレートフォンデュをいただきました。

くだらない質問をしてみたりする私。
「館長さん、何で脱サラして苺栽培を始めたのですか?」

「苺が好きだからです」

当然すぎるこの言葉には、館長さんの苺への愛情、取り組み、目標…。
沢山の深い思いが込められていました。

ご自身が苺狩りに行った時の不平、不満、疑問…。
「なら自分で可能な限りやってみようじゃないか」
そんな思いから、この苺館は生まれたんだそうです。

栽培法、肥料、農薬…。
栽培農家さんを訪ねることから、いろんな講習会まで、本当に沢山の勉強をしてこられた館長さん。
現状に満足することなく、「今でも毎日が勉強ですよ」と仰った言葉がとても印象的でした。

実は館長さんには本当に申し訳ないほど、過剰なサービスをしていただいたのです。
それをここに書くと、他のお客様から館長さんにクレームが殺到するといけないので内緒にしておくことにします(^^;

あとね。
直接お会いしないとできない内緒話や裏話なんかも聞かせていただきました。
さくらママさんの所から養子に行った苺も食べさせていただきました。


お話に夢中で、館長さんと記念の2ショット写真撮るのをすっかり忘れている私…(笑)
食べるのに夢中で、アイスやジェラート、フォンデュの写真撮るのもすっかり忘れている私…(笑)

アイスやジェラートもさることながら、チョコレートフォンデュ!
チョコがすっごい美味しかったんですっ!

私、苺には何もつけないで食べる派です。
2~3粒だけ苺フォンデュにしたら、後はスプーンでチョコだけすくって食べたと言う…( ̄▽ ̄;
もうどうにも止まらない~(笑)




休憩中に館長さんが摘んできて下さった「あかねっ娘」です。



でかっっ!!

ええ、もちろん私がいただきました(笑)


いろんなお話をお伺いし、美味しい苺を堪能して帰路についたのですが。


山梨に来たからには、やっぱりこれも食べとかなきゃね♪



す・い・と・ん♪

サービスエリアで食べたのですが、意外にも見た目のわりに美味しかったです。
もうお腹いっぱーい。(←食べすぎ)


館長さん。
素晴らしいひとときをありがとうございました。



※そうそう。
甲府南インターを降りて走ってる最中に、何軒か番号のついた苺狩りできるとこを見かけたのですが。
もしかして、その中に出井農園さんもあったのかな…。


「かなみ姫」
本館「たべくらべ」にアップしました。



15:09  |   食 ( *^0^)q   |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2008年03月10日(月)

愛ちゃんの苺園

 
2月14日。
いつもブログでお世話になっている愛ちゃん
その愛ちゃんがお手伝いをしている「渡辺いちご園」さんに苺狩りにお邪魔してきました。

お供は犬・猿・キジ…ではなく、人間と犬(笑)
いちごりあんず会員№001の菻ママと、ペット会員№001の菻花ちゃん。
衛生上、菻花嬢は車で待機でしたが(笑)

お目当ての苺は千葉でしか栽培されていない品種「ふさのか」

大好きなんです。
ふさのか。

菻ママの家から愛ちゃんの苺園まですごく近いんです。
以前、菻ママが苺ジャムを買いに行った時は時間が合わずに会えずじまいだったそうで。
今回は菻ママも愛ちゃんと初のご対面~♪になりました。

受付けで愛ちゃんとご挨拶を交わしました。
後ろにはイケメンな旦那様が…。

愛ちゃん、ブログで見るより可愛らしいです。
すーんごい若いです。

ちくしょー…(ぇ


私のために用意してくれていた(と勝手に思い込む・笑)苺ハウスに通されて、ふさのかを堪能してきました♪





でかっ!




写真を撮りまくる私を放置し、苺を食べまくる菻ママ(笑)




うんうん、いいね♪
いい感じだよ♪
あー、可愛いねぇ♪

…と、写真家みたいに苺に声をかけてみたり(←あほ)。




「桜香」も食べたかったのですが、この時は数が少なかったらしく、愛ちゃんのご好意で2粒だけ、こっそりいただきました。
桜花はピンクの花が咲く、可愛らしい苺です。
色は桜のように淡いけれど、香りのいい甘い苺です。

昨年、すでにHPの「たべくらべ」に公開済み♪




これ、愛ちゃんが一生懸命に描いた絵なんです。
ブログでよく見ていたなぁ…なんて思いながら、感慨深げに眺めていました。

ネットを通して見ていたものが、今、目の前にあるって何だかすごく嬉しかったりします。

去年、某・苺園さんにお伺いした時、菻ママは100個以上の苺を食べたツワモノです。
その後、その苺園さんとの連絡が途絶えてしまった話をしたら
「それって…私のせい?私が100個も食べたから?」
なんて言ってましたが…。

今回はそんなことのないように控えめに食べたらしいです(笑)

ただの偶然だと思うけどね(^^;


ふさのかを堪能し、愛ちゃんちの愛犬にご挨拶をし、再び愛ちゃんと少しお話をしました。
お話し中、お客様が苺狩りや販売所の苺を買いにいらしていて、対応に追われる愛ちゃん。
本当によく頑張ってるなぁ…。

愛ちゃんの写真をお願いして、1枚だけ撮らせていただきました。



そのまま載せてもいいという許可はいただいたのですが、やはりボカシを入れておくことにしました。
「生・愛ちゃん」をご覧になりたい方は、苺園をお訪ね下さい(笑)


お持ち帰り用の苺とジャムを買って、車でお留守番の菻花嬢を連れ出しました。



愛ちゃんにいただいた苺を食べたのですが、どうも足りない模様…( ̄▽ ̄;
帰ってから…ね…(笑)




記念撮影もどこか不機嫌そうな菻花嬢(笑)

犬連れで苺ハウスOKなんてとこ、多分ないと思うから…。
おうちに帰るまで我慢してちょーだいな。

帰ってから、苺だけでなく、しっかりジャムまでいただいた菻花嬢(笑)
「もっとよこしなさいよぉ」って…。
太るからやめなさい(--;


愛ちゃん。
ふさのか、ご馳走様でした♪



12:53  |   食 ( *^0^)q   |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2008年03月10日(月)

出井農園さんの例のブツ

 
2月10日。
北海道から千葉に戻った日。
出井農園さんにお願いしていた例のブツが届いていました。

帰宅日を間違えてお教えしてしまったため、届いたのは前日。
本来なら発送の翌日着で、より新鮮な苺が食べられるはずだったのに…。
あー、失敗(--;

さて、その「例のブツ」ですが。

「京虹」

という新しい品種の苺です。

「真っ先に食べたーい!」
という私のワガママをお聞き届け下さって、ブログでも非公開にして下さってました(笑)



私、バカよねぇ~
おバカさんよねぇ~


HPの「たべくらべ」用の写真だけ撮ったら、後はもう食べるほうに必死で、届けられた箱入り苺の写真はすっかり忘れてました( ̄▽ ̄;

発送用の箱に縦に5粒、横に3粒。
合計15粒並んだ可愛い苺たち…。

今年は出来がイマイチだったそうで、例のブツこと「京虹」は縦に5粒…。
うはっ!

テイスティングのほうはHPのほうへ…。
※ちょっと酷評気味になってしまいましたが、すみません(^^;



サービスで苺ジャム…もとい、コンフィチュールが同梱されていました。



留守番していた従妹(いちごりあんず会員№001@苺ジャム大好き)が早く食べたくてウズウズしていたようです(笑)
「勝手に食べんなよ…」とメールで釘をさしておきましたが。
(* ̄m ̄)プッ♪

苺をいただいた後に、パンにつけていただきました。
甘さ控えめで、しつこくなくてうーんまいの♪


あとね。
京虹と一緒に1粒だけ入っていた「とちおとめ」
ものすごーく香りがよくて甘くて…怖ろしくうまかったです。

「…ぇ?まぢ??とちおとめってこんなに美味しい苺だった?」ってくらいに。
京虹以外は全部とちおとめでもよかったなぁ…(゚▽゚*)。・:*:・

出井さんいわく、かなりの最高糖度をたたき出した模様…。

来シーズンは「京虹のリベンジ+とちおとめ」でお願いします(笑)


出井農園さん。
本当にありがとうございました。




※いつもメールやブログ等でやり取りさせていただいているのは園主さんの旦那様なのですが。
その出井さんのブログがなかなかのツボでして♪
苺の話だけでなく、ちょっとひねりの効いた記事が楽しいです。

こちら→Click!


「京虹」
本館「たべくらべ」にアップしました。


11:36  |   食 ( *^0^)q   |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。